お仕事の現場から 声のこと 第一印象あれこれ 自己紹介

自己紹介はプレゼンだ!⑧ 〜自己紹介でやるべきことは?〜

更新日:

このブログは、ご自身のビジネスを広げるために、交流会に参加されている方々、その中でも、自己紹介の時間に、ご自身の商品やサービス、或いはご自身の魅力を伝えられない!とお悩みの方に向けて、自己紹介のノウハウをお伝えしています。

 

そんな、ムチャなこと・・・

交流会での自己紹介は、自分自身のことを語るよりも、ご自身の商品・サービス・仕事内容を紹介することが多いと感じます。私自身もそうです。

 

私自身の経験から、自己紹介の時間に聴き手に興味を持ってもらえるか否かで、後の懇談の時間の充実さが全く違ってきます。

 

この自己紹介の時間って、30秒〜1分であることが多いですね。

結論から言えば、そんなに短い時間に、自分のビジネスの良さを全て語るなんて到底無理な話。

 

この短い時間にやるべきこと、それは・・・

「良い印象を与えること」

 

ビジネス交流会においての「良い印象」とは・・・

『仕事がデキる人で、且つフレンドリー』

と私は思うのです。

なぜ、このようなイメージが大切なのか?

それは、後の懇談の時間に多くの方から話しかけてもらい、人脈を広げるためです。

 

このような印象を与えることができれば、あとは勝手に相手が

・景気がよさそう

・人脈たくさん持っていそう

・この人の近くにいたら、いいことがありそう

・この人と一緒にいたら、楽しいことがありそう

 

などと思ってくれます。

あなたも、このような人とお近づきになりたいと思いませんか?

 

 

じゃ、何から手をつければいいの?

では、30秒〜1分という短い時間で、このような印象を残すには?

まずは、次のことを鏡の前で練習して交流会に臨んでみてください。

 

・正しい姿勢

・笑顔

 

これだけで「仕事ができてフレンドリーな人」の印象ができあがります。

自己紹介では「声」も重要ですが、これはまた別の機会に。

 

そう、第一印象で大事なのは『非言語』の部分。

そもそも一声発する前に、第一印象って生まれていますからね。

 

 

『正しい姿勢』とは、猫背を治す!というのはよく聞く話。

もう一つのポイントは、前から見た時に左右対称になるように立つこと。

肩のラインは左右同じ高さですか?

どちらかの脚に重心をかけていませんか?

私たち人間は、左右対称なものにポジティブな印象を受けるのだそうですよ。

左右非対称になっていたら、まずそこを正していきましょう。

 

笑顔はどうですか?

ちゃ〜〜んと歯を見せて笑ってくださいね。その際、左右の口角の高さは同じですか?

「時間をかけて自分の良さを知ってもらえばいい」という方。

そもそも第一印象が悪ければ、「この人のことをもっと知りたい」なんて思ってもらえません。

 

それでは、本日のポイントです

・自己紹介でやるべきは「良い印象を与える」こと

・仕事ができて、フレンドリーなイメージ

・そのためには、「姿勢と笑顔」

 

交流会に参加するのは、もっともっと売上げを伸ばしたいから…ですよね?

「仕事ができて、フレンドリー」な印象で、人脈をどんどん広げましょう。

仕事は人の集まるところから生まれますからね。

応援していますよ〜〜。またブログでお会いしましょうね。

 

PICK UP

-お仕事の現場から, 声のこと, 第一印象あれこれ, 自己紹介

Copyright© 声の力で売上げアップ , 2018 All Rights Reserved.