お知らせ 声のこと 第一印象あれこれ 自己紹介

自己紹介はプレゼンだ!⑪『間』の魔力 〜スピーチ上手と言われる近道〜

投稿日:

スピーチ力は『 影響力 』

 

仕事柄「人前で話すのが苦手なんです」とよく相談されます。

 

もっとも「スピーチ大好き!ワクワクする!!」という方のほうが珍しいですよね。

けれども、経営者や個人事業主、フリーランスの方々にとっては、苦手で終わらせてしまっては、ビジネスの成長チャンスを逃すことになりかねません。

いえいえ、会社員の皆さんも、「スピーチ力」が低いために、みすみす同僚やライバルに先を越される羽目になるかもしれません。

それほどに「スピーチ力」のある / なしは、仕事をする上で人生を左右する問題なのです。日々の「報連相」だって、スピーチのひとつ!なんですよ。

 

「スピーチ力」は「伝える力」であり、それはその方の「影響力」にもなります。

 

 

スピーチ力を上げたいなら、まずは「間」を大切にする。

そう、すぐに改善できて結果が出やすいのが「間」なんです。

 

 

正しい「間」の取り方とは?

 

ここで難しいのは、「間」の正しいルールが存在しないこと。

必ずここで「間」をとりましょう・・・とか

「間」は2秒ですよ・・・なんてありません。

話し上手な方は、この「間」が無意識に上手にとれています。

無意識に取れないのなら、意識的に取れば良いのです。そのうちに、体が「喋りのリズム」を覚えて、無意識に取れるようになってきます。

 

この文章を読んでみてください。

一気に読める文章ですが、「間」を意識して音読してみてくださいね。

 

「来年こそは、彼女とディズニーランドに行って、ドナルドダックに会うぞ」

 

どこで「間」を置きましたか?

きっと、句読点で「間」を置いたのではないかと思います。

 

それも「間」の正解の一つです。

 

では、ユニバーサルスタジオでも、軽井沢でもなく、他でもない「ディズニーランド」に行くんだ、という思いで、もう一度音読してみてください。

 

いかがでしたか?

「来年こそは彼女と、ディズニーランドに行ってドナルドダックに会うぞ。」

と、ディズニーランドの前で「間」を置いた方、それも正解です。

 

このように、強調したい言葉の前で、少し「間」を置くと、聞き手は「ああ、ディズニーランドに行きたいのね」と話し手の伝えたいことが理解できるのです。

ミッキーでなく「ドナルド」に会いたいんだ!という時も同じ

「来年こそは彼女とディズニーランドに行って、ドナルドダックに会うぞ」

とドナルドの前で、間をおきます。

 

この程度の文章でしたら、何秒も間を置く必要はありません。

ちょっと息を吸う程度の間でOK

しかも、こうした日常会話なら、無意識に間を作っていませんか?

 

ところが、スピーチとなり人前に出ると、沈黙が怖くて「間」を置けない。

そう、私たちは「沈黙」が怖いんです。

 

『間』は誰のため?

自己紹介を聞いていても「こんばんは株式会社ABCの田中一郎です我が社は先日高性能レンズを搭載した〜〜〜〜」と全く「間」がない方がよくいらっしゃいます。

上記の文章、あえて句読点を使わずに書きました。どうですか?

読みにくかったはずです。

スピーチだって同じこと。間のない喋りは、句読点のない文章と同じくらい理解し難いものなんです。

 

「間」は何のためにとるのでしょう?

 

私は、聞き手がストレスなく話を理解しやすいためだと思っています。

「間」は「聞き手」のためにとるのです。

 

聞き手の理解も考えず、一方的に言葉をツラツラ流しておきながら「弊社は、お客様のために〜」と言われると『実態は違いそうだな・・・』と私は思います。

少し厳しい意見かもしれませんが、スピーチの「内容」と「伝え方」が合っていないと、会社やその方の信用を失うことにもなりかねないのです。

それほどに、伝え方は大切です。

 

 

「間が苦手〜〜〜」という方、まずは自己紹介で、自分の名前を伝えたら、そこで1秒、間をおいてみましょう。

「間」になれない方にとっては、1秒の空白も怖いかもしれません。

でも、この1秒で自己紹介の冒頭に「スピーチ慣れしているな」「人前でも堂々としているな」という印象を聞き手に与えられるなら、魔法の一秒だと思いませんか?

この「間」で、聞き手に対して笑顔でアイコンタクトが取れるようになれば、

100点満点!ですよ。

 

次回のブログで、「間」の置き方の練習方法をお伝えしますね。

また、ブログでお会いしましょうね。

 

 

PICK UP

-お知らせ, 声のこと, 第一印象あれこれ, 自己紹介

Copyright© 声の力で売上げアップ , 2018 All Rights Reserved.